更年期から増える手足の痛み、リュウマチ②

お問い合わせはこちら

ブログ

更年期から増える手足の痛み、リュウマチ②

2020/05/11

リュウマチの2回目です。

リュウマチになりやすい人は、体に「水」=「湿」を持ちやすいので

「湿」をおしっこで出す漢方薬を飲みます。(ここは前回書きました。)

そして痛みの発作があります。痛みのある時は、炎症を起こしていますから

熱症状を持っています。

「熱」を抑えるということが痛みも進行を抑えることになりますから

とても重要な治療になります。


◎リュウマチの漢方薬を飲むことによる治療方法

●「湿」を除く漢方薬と「熱」を除く漢方薬を一緒に飲みます。

リュウマチのある方は、体全体は冷えているのですが、関節の部分は赤く発赤して

患部だけ炎症を起こしている場合がほとんどです。どんなに冷えを持っていても

炎症、「熱」を除くことを一番にしなければいけません。


「熱」が減っていき、炎症が収まると、次は冷えると痛みます。

●この場合は、温めると痛みが楽になります。「湿」を持っている場合も多いもで

温める漢方薬と「水」を除く漢方薬を飲みます。


●リュウマチが慢性化してくると、滞った「湿」や「血」が関節の周辺に結びついて固まります。

結節ができたり、変形してきます。そうすると

曲げ伸ばしがしにくい、痛みやしびれが激しくなります。

時間の経過した「湿」はドロッとして粘り気が出てきます。これを「痰・たん」といいます。

「湿」より取れにくくなります。

「血」が滞ってくると、「?血(おけつ)」ができ、固定制の鋭い痛みが出てきます。

「血」の滞り(?血・おけつ)を取り除く漢方薬と「痰」を取り除く漢方薬を飲みます。


次の段階は、関節の変形がさらに進み、痛みもあります。

●四肢、関節の変形や無力感、筋肉の萎縮、関節が動かしにくい、関節痛があります。

相当栄養が減ってきた状態になります。

「血」をはじめとする栄養を補う漢方薬を飲みます。

冷えると痛む場合は、温める漢方薬を併用します。

患部に熱感があり痛む場合は、熱を取る漢方薬を併用します。


●さらに症状が進むと、四肢、関節の変形、痛み、冷えや疲労により痛む、筋肉がやせる、

顔色が悪い、疲労倦怠感があります。このあたりになると「熱」はなくなり、冷えだけが残ります。

「気」や「血」を補います。

痛み方によって、温めたり、「血」の滞り(?血・おけつ)を取り除いたりする漢方薬を

併用します。


さらに進行すると、冷える、むくみ、関節内に水が溜まる、腰や四肢の無力感がでてきます。

●関節に水が溜まりますから、水を除く漢方薬、温める漢方薬を服用します。

関節、筋肉、骨などに栄養を補う漢方薬を併用して、老化を食い止めていく必要が

あります。


ご質問、お問い合わせはお電話ください。
(もうすぐお問い合わせフオームができます。しばらくお待ちください。)
電話  075-211-7336
営業時間  13時半~19時半(最終予約時間19時半)
定休日  水曜日(他に研修などで臨時休業あり。)

漢方薬をお選びするのに初回のみ相談料をいただきます。
60分 5000円(税込)
相談のみでも大丈夫です。
お客様の体質に合う健康食品のサンプルをお試しいただくこともできます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。