更年期から増える足の痛み②

お問い合わせはこちら

ブログ

更年期から増える足の痛み②

2020/05/17

更年期以降の女性に一番多い足の痛みは、膝の関節の痛みだと思います。

膝の痛みについて、基本的な6つのタイプについて解説します。



これから梅雨に入りますから、湿気の影響をうけます。

「湿」「水」による膝の痛みについて。

◎湿タイプ
●症状 
重だるい痛み

手や足がボワンとむくむことが良くある

天気が悪い日、雨の降る前、降る日になると痛む

膝の曲げ伸ばしがしにくくなる

膝に水がたまる

●治療
体の水分代謝を良くすることで、膝の腫れ、痛みを改善します。

冷えると痛む人は、温める漢方薬も併用します。

逆に熱感を伴い、痛む人は、体内の熱を冷ます漢方薬を併用します。


◎冷えタイプ
●症状
手足が冷える

寒がり、冬が苦手

寒くなると、冷えると痛みがひどくなる

ひきつるような痛み

●治療
体を温め、血行を良くします。

体を温める漢方薬と血行を良くする漢方薬を併用します。


◎血の不足タイプ(血虚)
●症状
しびれがある、ひきつるような痛み

皮膚につやがない、乾燥する

髪の毛につやがない、パサつく

目がかすむ、ぼやける、乾燥する、疲れる

●治療
栄養の1つである「血」を補い、膝の関節にしっかり栄養が届くようにします。

「血」を補う漢方薬と血行を良くする漢方薬を併用します。

「湿」を持っている人は、水分代謝を良くする漢方薬を併用します。

冷えると痛む人は、温める漢方薬を併用します。


◎元気の不足タイプ(気虚)
●症状
元気がなく、疲れやすい

はあー、よくため息が出る。

食は細いほう

風を引きやすい

正座をする時、階段を下りる時に痛む

重だるい痛みがある

膝に水が溜まる

●治療
元気の「気」を補い、エネルギーを高め、膝の機能が正常に働くようにしていきます。

女性は「気」の不足と一緒に「血」の不足も持っている人が多く、「気」「血」両方

補うことも良くあります。

冷えると痛む人は温める漢方薬を併用します。

膝に水が溜まっている人は、水分代謝を良くする漢方薬を併用します。



◎気の滞り(気滞)
●症状
張ったようなような痛みがある

お腹やわき腹が張る

ストレスや緊張すると痛む

イライラする、怒りっぽい、憂うつ感、ため息がでる

●治療
「気」の流れを良くします。

「気」が停滞している人は、「血」も停滞しやすいですから、血行も良くします

「気」「血」が不足している人は一緒に補います。



◎血の循環不足タイプ(お血)
●症状
刺すように痛む

痛む場所が決まっている

夜間に痛みが強くなる

舌の裏の静脈が黒く、浮き出ている

舌の色が暗く紫っぽい色をしている

●治療
血行を良くします。

「気」や「血」が不足すると、血液循環が必ず悪くなります。

痛みが改善してきたら、「気」「血」を補い、血行不良を起こさないようにしていきたいです。




ご質問、お問い合わせはお電話ください。
(もうすぐお問い合わせフオームができます。しばらくお待ちください。)
電話  075-211-7336
営業時間  13時半~19時半(最終予約時間19時半)
定休日  水曜日(他に研修などで臨時休業あり。)

漢方薬をお選びするのに初回のみ相談料をいただきます。
60分 5000円(税込)
相談のみでも大丈夫です。
お客様の体質に合う健康食品のサンプルをお試しいただくこともできます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。