京都で更年期、生理不順を治す【漢方錦】

お問い合わせはこちら

ブログ

京都で更年期、生理不順を治す【漢方錦】

2020/12/14

生理不順を漢方で治す⑤

無月経を漢方薬で治す。続きです。

◎気血虚弱

「気」と「血」が不足している状態です。

症状は

疲れやすい、風邪を引きやすい、いつも元気がない、食が細い。

めまい、肌が乾燥する、髪に艶がない目が疲れる、生理は遅れやすいなど。

 

◎漢方薬を服用して治療する方法

「気」「血」を補う漢方薬を服用します。

 

 

◎気滞血瘀

気滞は「気」の停滞、「血」が不足しても「気」は停滞します。

ストレスでも停滞します。

「血瘀」血の滞りは「気」が停滞してできます。

無月経になった原因が「気滞血瘀」ですから、「気滞血瘀」を取り除くのですが

根本治療は「気滞」がおきた原因を治していくべきです。

 

◎漢方薬を服用して治療する方法

「気滞」と「血瘀」を取り除く漢方薬を服用します。

次に、「血」が不足していれば「血」を補います。

女性は「気」が滞りやすいですから「気」の巡りを良くする漢方薬は

服用しておくほうが良いです。

 

次回からは、「不正性器出血」の解説をします。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。