京都で更年期、生理不順を治す【漢方錦】

お問い合わせはこちら

ブログ

京都で更年期、生理不順を治す【漢方錦】

2020/12/11

生理不順を漢方で治す④

月経周期が長い(月経後期)の続きです。

◎痰湿 

飲食に不摂生などにより脾胃が障害され「痰湿」が生じる。

「痰湿」が任脈を阻滞するため生理が遅れる。

*任脈とは、女性の生理や妊娠を担当する脈のこと。

 

症状は

肥満気味、体が重だるい、むくみ。

 

◎漢方薬を服用して治療する方法

痰を取り除き売漢方薬を服用します。

食事が偏らないように食養生する必要があります。

 

 

次に「無月経」に移ります。

上に書いた、月経後期の「痰湿」による生理の遅れが

長期間続くと無月経へと進行してしまう可能性もあります。

◎痰湿阻滞

肥満気味、体が重い、むくみ、痰が多い、滞下(おりもの)が多い

 

◎漢方薬を服用して治療する方法

「痰湿」を生まないような体質にするためには「脾」を丈夫にする漢方薬を服用します。

「脾」が弱いために「血」の生成ができないので、「血」が不足します。

「血」を補う漢方薬を一緒に服用するほうが良いです。

 

 

◎肝腎不足

無月経になる原因として「肝腎の不足」の体質があります。

卵巣は「腎」に関連し、生殖は「腎」、遺伝的な体質も考えられます。

(腎は精を蔵す)つまり生まれつき「精」の不足が考えられます。

月経の血は「肝」と関連が深い。「肝」は子宮と関連している。

(肝は血を蔵す)つまり生まれつき「血」の不足が考えられます。

 

◎漢方薬を服用して治療する方法

腎精や肝血を補う漢方薬を服用します。

無月経には昔から鹿茸(ロクジョウ、鹿の角)が頻用されます。

 

無月経について続きます。

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。