京都で更年期、腰痛を漢方で改善するなら【漢方錦】

お問い合わせはこちら

ブログ

京都で更年期、腰痛を漢方で改善するなら【漢方錦】

2020/05/23

更年期以降おこりやすい病気腰痛④

50代以降、更年期以降おこりやすい腰痛、慢性の腰痛3回目です。

5、長時間の労働、「腎」の老化により「腎」の「陽」=(温める作用)が不足すると、腰が弱くなり

腰痛をおこします。「腎陽虚」といいます。

*症状

腰や下肢のの脱力感、腰が疲れやすい、動かすのが不自由、ちょっと仕事をするだけでも腰が疲れて

痛くなる、寒がり、四肢の冷え、夜間にトイレに何度も起きる、頻尿など。

*治療方法

「腎」を温める「陽」を補う漢方薬を服用します。

「腎」は腰、関節に栄養を与える働きがあります。

「腎」の「陽」は腰や下半身を温める働きがあります。

 

6、過労や「腎」の老化により「腎」の「陰」=(生命を維持するホルモンのような働きをするもの)

が不足すると、腰痛をおこします。「腎陰虚」といいます。

*症状

腰を動かしにくい、疲れやすい、腰や下肢の脱力感、このあたりは「腎」の「陽」の不足と同じですが

違うところは、手足のほてり、熱感がある、寝汗をかくなどがあります。

年齢とともに冷えやすなり、冷えると痛む人のほうが多いですが、時々、冬でも靴下を履くのをいやがる

とかスリッパを履くと暑いから嫌いという人がいます。このような方は体質的に「腎陰虚」です。

*治療方法

「腎」の「陰」を補う漢方薬を服用します。

「腎」の「陰」を補うと、手足のほてりや、寝汗も治っていきます。「陰」と「陽」のバランスが

良くなってくるからです。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。