更年期から増える手足の指の痛み⑤

お問い合わせはこちら

ブログ

更年期から増える手足の指の痛み⑤

2020/05/01

更年期以降、40代後半から50代以降に増える手や足の痛み5回目です。

ばね指、へバーデン結節、ドケルバン病、手根管症候群、足底腱膜炎、足の甲の痛み、リュウマチ

などの漢方薬による治療方法を書いています。

今日は体にたまることによって、痛みの原因になる「湿」と「熱」について紹介します。


●日本は比較的湿度が高い国です。そのため「湿」が体に停滞することで様々な痛みとなって現れます。

筋肉や関節に「湿」がとどまることにより腱、関節、神経に痛みが出ます。

雨の降る前や、雨の日に痛むことが多いです。その他の症状として

手や足のむくみ、手や足が動かしにくい、体が重だるいなどがあります。



◎漢方薬による治療方法
体内に停滞した「湿」を取り除く漢方薬を飲みます。

「湿」を取り除く漢方薬を、「利水薬」(りすいやく)といいます。

おしっこで出していきます。

また、「湿」がたまる原因として、「気」や「血」の不足が基本的にありますから

「湿」を取り除く漢方薬と一緒に「気」「血」を補う漢方薬を一緒に飲む方が良いです。



●「湿」と「熱」がくっついて痛みが出る場合があります。

「熱」が体内に生まれる原因としては、40~60代なら、体を温める働きのある「陽」はまだ

十分に持っています。しかし体を潤す「陰」や「血」は不足しているのが更年期以降の女性の

体の特徴です。「陽」>「陰」という状態です。

そうすると、「陽」の働きにより、「熱」が勝ちます。そして、

「湿」が化熱します。腱、筋肉、関節などが「湿熱」に侵されて痛みが出ます。

症状としては、灼熱感のある痛み、発赤、腫れがある、むくみなどがあります。


◎漢方薬による治療方法
体内に停滞した「湿」を取り除く漢方薬と一緒に体内の「熱」を冷ます漢方薬を飲みます。

上のように「湿」のみがが原因の場合と一緒で、「気」「血」が不足しているうえに

「陰」の不足もあります。痛みが治まった時点で「気」「血」「陰」を補う漢方薬に変えて

服用を続けると、再発予防になります。

京都新聞「街の専門家をさがすマイベストプロ京都」のコラムに「陰」と「陽」の説明を書いてます。

このブログと合わせて読んでください。
↓↓↓
更年期以降手足や指の関節の痛み、しびれが増える理由③


ご質問、お問い合わせはお電話ください。
(もうすぐお問い合わせフオームができます。しばらくお待ちください。)
電話  075-211-7336
営業時間  13時半~19時半(最終予約時間19時半)
定休日  水曜日(他に研修などで臨時休業あり。)

漢方薬をお選びするのに初回のみ相談料をいただきます。
60分 5000円(税込)
相談のみでも大丈夫です。
お客様の体質に合う健康食品のサンプルをお試しいただくこともできます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。