京都で更年期、手の湿疹、主婦湿疹を漢方で改善するなら【漢方錦】

お問い合わせはこちら

ブログ

京都で更年期、手の湿疹、主婦湿疹を漢方で改善するなら【漢方錦】

2020/07/24

更年期以降おこりやすい皮膚病、手湿疹(主婦湿疹)①

手湿疹(主婦湿疹)は圧倒的に女性のほうが多いです。家事などで洗剤を使ったり、刺激を常に

受けているためです。また今年は新型コロナウイルス感染予防として、手を洗う回数も増え

アルコールでの消毒と女性の手は荒れやすい状況です。

 

しかしこれらはあくまで外因であって、根本的には、内分泌(女性ホルモン)

自律神経の失調といった内因を治療する必要があります。

症状は、紅班,丘疹、水泡、苔癬化など様々な症状がある。

 

手湿疹(主婦湿疹)の原因

〇外因1、

洗剤など外的刺激、アレルゲンに触れることで,手に湿疹が生じる。

アレルギー性の場合は植物、金属、外用薬などに触れることにより生じる。

 

*治療として、外用薬のステロイドを塗り続けることはおすすめしません。

なぜかというと、手湿疹を根本から治す効果はなく、使用を続けると皮膚が薄くなったり

病変部に細菌、真菌感染を起こしやすくなるのでおすすめしません。

かゆみがどうしてもひどい場合は、内服薬の抗ヒスタミン薬でかゆみを抑えながら

根本治療を行います。

 

〇外因2、

栄養失調。とくに皮ふの免疫を正常に保つために必要なミネラル、ミネラル

アミノ酸(タンパク質)、良い油の不足。現代人の栄養失調は深刻だと思ってください。

 

*栄養に関する治療も私のお店では行っていますので、お任せください。

 

 

〇内因

女性ホルモンのバランスの乱れ、分泌の不足

ストレスによる自律神経の乱れから手湿疹はおこります。

皮膚病は皮膚の病気ではなく、ホルモン、自律神経の乱れが皮膚病の原因です。

皮膚はあなたの体の鏡です。

 

*漢方薬を服用することによる治療

漢方薬の中には下垂体(女性ホルモンを出しなさいと命令を出すところ)

卵巣、子宮に作用して内分泌失調を改善するものがあります。

湿疹の症状に応じて漢方薬を使い分けます。

 

〇乾燥が原因

乾燥、皮膚が萎縮して亀裂が生じるのは「血」の不足です。

皮ふの血行を良くして、皮膚に栄養をつけます。

補血薬「血」を補う漢方薬を服用します。

 

〇熱感、発赤がある

発赤、熱感がある場合は炎症を抑える漢方薬と補血薬「血」を補う漢方薬を服用します。

 

〇湿潤、丘疹がある

ジクジクしたり、皮膚が丘のようにもりあがるのは「湿」が停滞している証拠です。

「湿」を取り除く漢方薬を服用します。

 

〇すべてのタイプに共通する治療

かゆみがあれば、かゆみを抑える漢方薬を服用します。

ミネラルの補給

女性ホルモンのバランスを整える

良質の油を補う(内服で予算が合わない方には塗る油もあります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。