京都府京都市中京区にある女性のココロとカラダのお悩み専門の漢方相談室

漢方Q&A

漢方質問コーナー




●漢方薬には次のような段階があります。

下薬…作用が強いため、症状が改善したら直ぐに服用を中止するのが良いもの。

中薬…作用は中程度で、体調を見ながら1~4ヶ月程度は服用が可能なもの。

上薬…作用が穏やかで、病気や加齢に伴って弱っていくところや、減っていく栄養(漢方的な)を補う役目をするもの。数十年単位で服用できます。
※ただし上薬でもお薬ですから、体質により副作用が現れることもあります。一緒に様子を見ながら進めていきます。


☆漢方薬にも禁忌(してはいけないこと)があります。