京都府京都市中京区にある女性のココロとカラダのお悩み専門の漢方相談室

ご相談の流れ

ご相談の流れ

予約制です。
相談は最低でも1時間半くらい必要です。2時間以上になる事もよくあります。
お時間の余裕をもってご来店ください。





こちらの相談カードを使用して質問をしていきます。




☆舌の状態や生理血はとても大切なチェック項目です。
この表でチェックをしていきます。






☆病院で処方されているお薬がありましたらお知らせください。最近の検査表もよろしければお持ちください。
サプリメントも気に入って飲んでいらっしゃるものがあればお知らせください。それを活かす方法があるかもしれません。


『効く』と『治る』は違うのです!




実家を継いでから、わたしはある事に気が付きました。
それは、お薬を飲んで症状が治まった人が、なぜかしばらくするとまた来店して同じものを買って行く事です。

確かに、痛み止めを飲めば、頭痛・生理痛は、”止まり”ます。
風邪薬を飲めば、鼻水やせきは、”止まり”ます。

でも、しばらくするとその方がまた薬を買いに来るのです…

症状が『止まった』『おさまった』はずなのに、なんでまた同じ薬を買いに来るのだろう!?

そうなんです。

薬はその力で症状を抑え込んでしまうほど『効く』のですが、病気の根本を『治して』いるわけではないのです。
どんなに生理痛が『止まって』も、毎月痛み止めを買いに来るという事は、生理痛は、『治って』いない事に気が付いたのです。

病院でもらう薬も同じ、血圧を下げる薬を飲めば、血圧は『下がり』ますが、高血圧が『治った』事にはなりません。

病気の根っこは様々な所にあり、特に生活習慣や食事によるところが大きいのです。


漢方薬には、特定の症状にとってもよく『効く』ものもありますが、表に現れる症状を止めるのが目的ではなく、その症状の根っこにある病気の原因を、生活習慣の改善と共に少しづつ取り除いていきます。

最終的に目指すのは『治った』状態です。

もし、あなたが自分の身体の不調で悩んでいるのなら、一人で悩まずぜひ相談してみてください。

まずはそこから一緒に始めましょう。